市況

平成29年9月8日
津山綜合木材市場2015回市
1,950m
全て横ばい。桧の買い気はあるもようだが、相変わらず安値安定。山元への十分な利益の還元が難しい。が、還元してゆく。



海の向こうの物騒な国のお陰で国の中は安定しません。
その中でも、来年度の林野庁関係予算要求を20.7%増して3,566億円財務省に提出した事は良いことです。予算案決定まで削られない様にしましょう!
しかし、こんな物騒な時代を乗り切るには自給率を高めるしかありません。衣食住全て国産でまかなえるのであれば心配も少し減ります。
目指せ!国産材自給率100%です。

ちょっと呉まで国防の様子を見に行ってきました。





国防は、お任せ致します。

林野庁の様子も伺って来ました。今回は、寝台列車で!



サンライズ出雲のノビノビ寝台。床は固いし揺れるしで快適とは言えませんが、気にならない人には問題ありません。寝てる間に東京に着くって楽じゃありませんか!
スポンサーサイト

市況報告

2677年1月12日津山綜合木材市場初市1550m3。かなりの出材であった。杉・桧共に安め!とても新年を迎えた初市とは思えない相場。出材動向をみての安値と思われる。



商売なのはわかりますが、安過ぎます。山元にお金が落ちない施業はいつかは行き詰まります。やはり、流れをスムーズにするシステムの構築を考える必要があります。



1月15日。イオン津山で行われた「美作木の家設計コンテスト」
そそ、こう言う事なんですよね!他力本願で無く、自分達でプレゼンして木の家の良さをアピールして行く事。努力を惜しまない事が大事です。



ユーザーに分かりやすく説明する事。見える化ですね!私も勉強になりました。



特に山の仕事は、一般から見ればわかりにくい仕事です。集約化のメリットを説明する際には、まず作業内容を知ってもらう必要があります。自己所有山林の見える化と境界の見える化…今年も、作業の安全と共に当社は目指します❗



1月17日ここらでは、かなりの積雪。まあ、冬だから当たり前の事ですが、作業が遅れます。
そして、阪神大震災から22年…犠牲者の皆様の御冥福を祈ります。地震・火災に強い木の家造りをしましょう。

市況報告

平成27年8月18日。津山綜合木材市場普通市950m3。
お盆休み明けと、天候不順のせいか材不足!結果、買い気はあるが、桧・杉共に相場は横這い。
前回、跳ね上がった杉合板も9千円を維持しているが、桧の柱が5百円下げた。秋の季節の良い時期に向かって始動したい所であるが、しばらくは安値安定か?



ある現場…結構、大きな木が切り捨てられていました。
作業道を入れ、搬出をすれば今の時代、交付金・補助金がついて、幾らかでも地権者にお金が支払えます。無惨にも切り捨てる者は、植え育てた経験が無い人なんでしょうね。山元を蔑ろにする輩は、林業を辞めてもらいたいです。

日本経済新聞注目記事。

「地元の未利用材でエネルギーを作り、購入電力の9割減を達成する。再生可能エネルギーの利用を増やすことで環境負荷を下げながら、同時に地方経済の活性化も図る。建設機械大手のコマツが、そんな一石二鳥の環境戦略を推し進めている。」

2015年を目標にした「電力半減プロジェクト」と、地元の未利用の間伐材を用いた「バイオマス・コージェネレーション(熱電併給)・システム」が売りですね。
気に入った所は…「FIT(固定価格買い取り制度)を用いた売電はせず、工場で熱を使い尽くすことで、経済性を高めている。電気や空調用の冷温水を作るだけでなく、蒸気式コンプレッサーで圧縮空気を作り、組み立て工場でボルトを締める動力に利用する徹底ぶりだ。」

自家発電してますね!このシステムなら災害時にも工場が全てストップしない訳ですな。成る程…見習いたいですよ。

さらに、野路会長は、「FITを利用すれば、年間で約3億5000万円の売電収入が得られる。しかし、それは国民負担によるものだ。そんなケチな発想で取り組んでいるのではない」と言い切る。

ほ~男前ですな!流石は世界のコマツ様。



ナイトミュージアム。「つやま自然のふしぎ館」
板坂探検隊が行って来ました!
いや~面白かったですよ。懐中電灯を持ち、夜の博物館を探検する…ワクワクしますね。子供より楽しんでましたぁ~♪



同行して頂きました、「津山高校科学部」の皆様方、ありがとう御座いました。
来年もするのかな?プラネタリウムを復活してもらいたいな~

市況報告

平成27年7月9日。津山綜合木材市場創業40周年特市2400m3。
前日の感謝の夕べの勢いが続いていたのか!?杉・桧の相場は下げ止まり、特に良質材は高値で取引されました。現在接近中の台風11号の後に迎える梅雨明け気分に期待をしましょう!
速度の遅い台風がもたらす長雨と杉相場の動向が気になりますが…

7月9日。「岡山県CLTラミナ安定供給協議会作業部会」に出席しました。



まだまだ、ラミナ価格や原木の買い取り価格に開きがあり、協議の必要があるでしょう。しかし、低迷する木材価格(特に杉)に対し、木材使用の幅を広げて頂ける事は有難い事と思います。
願わくば、国産材100%で進めて頂き、山元に還元できる値段で買い取ること事から始めて下さい!国の偉い方は、日本の山々の木は何時でも全て自由になるとお考えでしょうが、一筆一筆が小さな地権者の所有物なのです。コンビニ等で買い物をする時に必ず対価を支払うでしょう?古代からの習わしです。

山陽新聞の「滴一滴」に書いてありました。
木、鉄、コンクリートの板の上にリンゴを載せ、何日も放置する。どのリンゴが一番腐りにくいか?
正解は…もちろん木の板の上のリンゴです。住む人の老化を抑え、健康に生活できるのは木の家が一番なのですね!
これも古代からの習わしでしょう。
誰も気づいているのでしょうが、木の家のPR不足ですね。

木材の効用を改めて研究し、健康に長生きできる家作りと社会を目指す!

今年は、これだな♪

感謝の夕べ

皇紀2675年7月8日。
津山綜合木材市場「創業40周年感謝の夕べ」が、津山国際ホテルで多くの関係者を集め、賑やかに開催されました。

役員・職員物故者黙祷に続き木下社長のあいさつ。感謝の言葉をのべた後の「綜合木材市場は不滅です!」と言う言葉に、川上と川下を繋ぐ流通としての責任と気合いを感じる事ができました。



二次会、三次会も大いに盛り上がり業界も少しは元気になれたのかな?



原木相場を言わせてもらいますと…最悪!と言う言葉をこれから、何回言わなければならないのか!しかし沈む訳には行きません!
なでしこの宮間主将が言うように最後は強い思いです。空元気でも勢い良く行きましょう!

三次会の勢いが、市売りまで続く事を期待してますよ~(^_^)v

地元、岡山湯郷Belleも頑張れ!
プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR