森林環境税

新聞から…



出た❗納税者虐めか!?
関係者として、森林保全に目を向けてもらう事は有り難い事です。が…これ以上の国民負担はちょっとね〰それより、他に方法は無いのか?例えば現在の造林補助金の無駄使いは無いのか?木造建築は全て国産材を使わなければならない法律は作れないのか?
まずは、使い道をよく精査しないと、国民の理解は得れないでしょう!



春日大社「社殿の大杉」
初詣に行っていない貴方!私が代わりによく詣っておきましたので写真を拝んでおいて下さい。
スポンサーサイト

CLT協議会

平成27年5月25日(月)
「岡山県CLTラミナ安定供給協議会」に出席しました。



ロードマップによりますと…
現状は、強度データ収集中、耐火性能実験中で、28年度以降に活用ですかね?
しかし、ヨーロッパではかなりの生産量を生み出していて、アメリカでは建設用材として道路に使用されていると聞きます。
国産の針葉樹(特に植林)を使用し続けてもらえるなら大歓迎ですね!木材価格はすでに国際競争である…と、言われていますが、国産材は、ほとんどが合法木材です。安心して使える木材なのです。FM・CoC認証に基づく認証材では?と、考えていますが、間違っていればご指摘下さいませ。
山元にお金が落ちる価格でお買い上げ下されば、有り難く思います。

平成27年5月28日(木)
岡山県木材組合連合会 第36回通常総会。



総会は進み、全ての議案について承認を受けました。
木材組合は、当然ながら流通、製材、建築の色が濃く、川中、川下を担っています。
「人工林資源は年々充実し、年間成長量は木材需要量の2倍」と聞きます。その充実した山から我々素材生産業者が丸太を搬出しても、需要が無ければ余る事になります。

前述のCLTの様な新しい使い方の模索も大切だと思います。
と、同時に国産材を生かした建築の灯を消さない事が日本の山林を守り、地域の治山治水になる事を皆様、思い出して下さい。



曲がったパイプを伸すと折れる可能性があります。
若いスタッフの勉強になりました。

木質バイオマスに暗雲?

寒くなりました!そろそろストーブやコタツの季節ですが、電気料金・灯油価格が気になります。

☆再生エネ買取制度が転機に、バイオに暗雲!
☆電力会社が受入れ停止、制度見直し必至!

まあ、そうでしょうね。最近アチコチでソーラーパネルを見かけますが…
蓄電ができない限り、天候や時間帯によって発電電力が変動する太陽光発電は安定供給が難しいみたいです。

☆FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)は3年ごとに制度の内容を見直すことが根拠法に定められているが、経産省は前倒しで改定する方針!

出たぁ!早くも、ああ言っていましたが…か?

木質バイオマス発電の燃料の奪い合いは必至!
足らなくなれば何を燃やすのか?

☆地域循環型の熱電併給プラントを増やしていけば、電力会社への接続問題にも余裕を持って対応できる。2000kWhクラスの小規模発電へのインセンティブ措置を含め、「地に足のついた」木質バイオマス発電を可能にするFITに見直していくことが急務になっている。

と、あります。

林地残材の有効利用も大切ですが、まず!本体をしっかり売って使用してもらう働きかけを続けて行くべきでしょう。

山でしっかり働くには、食うべし!です。



肉が無くなり、ネギ焼き…結構いけますな!
あまり、若くない方にはお勧めです。って俺か?



秋祭り出し物の練習風景…



発表会。今年は、かなり綺麗でしたよ!



んで、打ち上げ。



皆様、ご苦労様でした。
え?練習も打ち上げも同じに見えるって?気のせいですな。
勝手に写真を使用しました、ご免なさいm(._.)m

明日は明日の風が吹きます。
頑張りましょう!

暑中見舞い申し上げます!

夏は、やはり暑い事を実感しています。皆様、お元気でしょうか?
相変わらず、慌ただしい日々を送っています。

平成26年7月4日に、講演&意見交換会に来て頂きました「林野庁国有林野部長 沖修司」様が、7月22日付けで「林野庁 次長」に就任されました!
お~~凄い!!おめでとう御座います。
沖次長や本郷部長…林野の幹部の方々は頭の回転も良く、且つ面白い!(失礼m(._.)m)
山の将来を真剣に考えている方ばかりだと、ここ数年の交流会で感じました。
皆様、現場の事はお任せくださいませ!引き続き、勉強させて下さい!

平成26年7月25日。
真庭で開催されました「岡山県と県北4地区木材組合との懇談会」に出席して参りました。

真庭の製材所を見学し…



場所を移し…
岡山県農林水産部林政課長、吉岡氏の講演&意見交換会でした。
部屋の冷房はよく効いていましたが、時間を大幅に過ぎる熱い意見交換会となり、殴り合い寸前!(冗談です(^^)v)ヒートアップしましたね~~♪



決戦は、リングを変え第二ラウンドに突入!か~~
と、思われましたが終始和やかな雰囲気の中、引き続き次回の開催を約束し、我ら「勝英木材同業組合 小椋組合長」の中締めで解散となりました!



皆様、ご苦労様でした!
また、お会いしましょう。


森林施業プランナー研修

平成25年12月。森林施業プランナー個別指導。昨年に引き続き、PASCOさんによる2回目のGIS指導でした。

さて、ここでGISとは?

地理情報システム(Geographic Information System) は、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術。

当社では、GPS・GIS好きの私とGIS担当者2名の計3名で受講しました。



外国から入って来る木材に価格で戦い、安定した供給を続けて行くには、小規模な施業地を集約化して、計画的に材を搬出してゆく必要があると考えます。
そして、森林所有者に対して施業を提案することが森林施業プランナーの役目です。

プランナーには、GISを用い、図面計画を作り、施業を提案する技術が必要になります。

今回は、現場で取ったGPSデータのGISへの取り込み方法。
属性検索・空間検索、林道バッファ等についての初歩を習いました。
数年前に、東京で研修を受けた私ですが…忘れてますね~
復習になりました!
ありがとう御座いました。



レンタルしたHITACHI EX55。ヤマテック仕様。
アクリル板を使用した防護柵は、当社の機械にも装着予定。
プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR