いよいよ梅雨

本日は朝から雨です。溜まった提出書類も一気に書き上げました。来週は梅雨らしい天候になりそうですが、コロコロ変わる予報に振り回されそうです。
6月25日(金)地元の美作森林組合の総代会でした。今年も委任を受け、行ってまいりました。地元県会議員の皆様や市長を招いて盛大に開催されたのですが、市長や村長の思い・・・林業に対する方向性を聞きたかったですね。出席総代さん、理事さん・・・皆様かなり高齢になっておられ、若い人が居ないのが残念です。確かに今は山に対する関心も薄れ、厄介者扱いされる事もしばしばですが、行政の取り組みとして山を育て整備する志が必要だと思います。ほっておいても今すぐに目立つデメリットはありませんが、将来を考えると山の整備は急務です!残念ながら個人の力ではできる事は少ないです。思いのある者が集まり声を上げてゆくしかありません。写真は盛大に開催され美作森林組合総代会と酔っ払い。

しかし、関心の無い若者ばかりなのでしょうか?いいえ・・・私の地元には元気の良い若者が沢山居ます!津山素材生産協同組合青年部・・・そうです!飛び切り元気です。今夜は青年部会に行ってきました。よく飲み、よく語る・・・仕事とは言え、山に対する熱い思いは誰にも負けません。県内、いや全国にも同じ仲間は居るはずです。一緒に訴えてゆきましょう!・・・帰ってみれば再び郵便物の山・・・ふふふ・・・上等じゃないか~~

スポンサーサイト

市況報告

平成22年、6月24日。津山綜合木材市場普通市、1,450m3。
梅雨とは言え、良い天候が続きましたのでしっかり出材されてました。しかし、相場は残念ながら下がり気味。毎年の事ですが、材価が低いこの頃にはかなりこたえます!平均単価が5万円の頃と、現在の1万円台とでは1,000円の下げ幅は影響力が違い死活問題です。国産材自給率50%を目標とし、製材、合板共に国産材使用にシフトしてきている中、この安値は異常です。国家として、日本の森林を守り国産材利用を推進してゆくのであれば原木の材価を引き上げるべきです。この安値が続けば、国産材の搬出量は減るでしょう。原材料無い産業はありえません。国産材でやってゆくと言うなら、今まで山を守り続けた地権者にお金が落ちるような体制作りも必要ではないでしょうか。原材料の生産者が一番儲かるのが普通だと思います。米、木・・・熱い思いと重労働が伴う作業に従事する人々達の思いを聞いてください!新政権様。

下草刈・・・山林作業の中で恐らく一番の重労働でしょう。40度近くまで上がる気温の中、ハチ、ブヨ、マムシと戦いながらの作業です。体力・精神力の強い者しかできません!汗が乾き、顔から塩を吹く・・・下着までズブ濡れ・・・21世紀の時代のもこんな作業をしている方が製造業の皆様方には沢山おられます。皆様方、日本を守っている自負を持ち、共に頑張りましょう!
混焼発電・・・以前から興味を持ち、勉強している取り組みですが・・・「混焼発電のトップランナー・新小野田発電所」と、言う記事を見ました。チップ化した木材を0.5%混焼させているそうです。目標は3%の混焼率だそうです。現在、市売り単価8千円程度の小径木以下の木材・・・林地残材と言われ、山に捨てている材や枝葉を利用できるならありがたいことですね。まあ・・・搬出単価も重要ですが・・・

梅雨

はっきりしない日が続きます。昨日は、一日蒸せていましたが、14時頃から夕立・・・草刈に行っていたメンバーはズブ濡れで帰社しました。熱帯雨林・・・そう、山に居ても居心地の悪い蒸せ様。振る時は、とことん豪雨・・・日本も亜熱帯地域になってきたように思われます。
相場の方は持ち合い・・・一旦下げたヒノキの柱ですが、持ち直しています。全国的に絶対数量が不足している割には安値です。16~18cmの柱口は4m造材がかなり有利!それ以外は3mで良いでしょう。
山外野の現場、終了いたしました。測量したり書類を作成しています。34%程度の間伐なので、すぐに済んでしまうのが寂しいです。1伐2残の列状と定性間伐を交えて施行いたしました。広く開いた空間に枝が張り、10年後にはまた収入間伐ができます。楽しみですね!

素材生産も忙しいのですが、初夏恒例!の下草刈の季節がやってきました。先週からサマータイム導入で、早朝出勤となっています。ひと夏超えれば必ず3~5kgは痩せると言われる過酷な作業・・・山林作業の中で一番重労働でしょう。皆さん、ご苦労様です。そこそこ!痩せたいと愚痴ってる諸君!草刈鎌を担いで山に来なさい!必ず成果はあるでしょう。当社で夏を過ごした学生のアルバイトは皆、男になって自分の生活に戻ってゆきました。

市況速報!

平成22年6月2日(水)津山綜合木材市場普通市。1,300m3
スギ材は横ばいだがヒノキが弱い!3m柱取りが2万円を切ってしまいました。16年の風倒木、一昨年末のリーマンショック以来の安値更新です。売りの平均単価が1万2千円程度では手取りは1万680円程・・・間伐作業ならとても山元にはお金は落ちません!そうかと言って跡地造林の無い皆伐は山を荒らすことになりそうだし・・・集約化施行・・・やはり山を守るにはそれしかありませんか!日吉で学んだ事を元に、早速取り掛かりましょう!まずは、山主さんに理解しやすいプラン書作りからですね。現地写真に航空写真と座標をつけましょう!それから・・・夢は膨らみます。
5月は総会の嵐!・・・地区木・JAS、そして素材協・・・津山素材生産協同組合の理事長に再任されました。役員も少し変わり、若い力が加わりました。よろしくお願いいたします。

山外野の現場。雨が降らないので順調に仕上がっています。大きな谷を抱えていないので伸びがいまいち!思ったように材積が取れませんね。成長盛りのヒノキなので、10年後には再び間伐できるでしょう。次回の間伐時には枝打ちの深い良質材が取れると思います。大事に育てましょう。見事な赤土にもめげず頑張る林業機械達・・・道の乾いた今のうち!!
プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR