スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅と言う処

今日は雨の中、東京都より現場視察。東京都農林総合研究センター緑化森林課、荒川純彦様。東京都森林事務所森林産業課振興係、金子義行様。作業路作設や集材方法を先進県から学ぶ・・・と、言う目的での視察です。いやいやお恥ずかしい・・・岡山県は先進県かも知れませんが、うちは特には・・・まあ、しゃべりでカバー致しましょう。雨の中、熱心に見学されかなり熱い質問攻めでした。東京にもこんなに熱い林業関係者が居るんだ。。。「東京って山があるのですか?」と、つい言ってしまったのですが・・・「板坂さんがよく来る東京は、私達はめったに行かない東京。四谷近辺はオフィス街です。空気が悪いでしょう?青梅!青梅は空気も水も綺麗!良いですよ~~」おお!目からウロコがボト!って落ちました。東京都って小さいけど、長く広いんだ・・・そう言えば、叔父さんが「山が見えないと不安になる」って多摩に住んでますわ。まだまだ素材生産はこれから。林業機械や作業路作設の勉強をしているそうです。遠く離れた東京でも、同じ思いで頑張っている仲間が居ると思うと嬉しくなります。フォレストマネージャーや施業プランナー研修で知り合った仲間も同じ匂いがする仲間です。そうです!仲間は沢山居るじゃないですか!集いましょう!頑張りましょう!冷たい雨の中の意見交換会は、熱く楽しいものでした。お土産に頂いた、青梅手焼きせんべい・・・明日、皆でいただきます!ご苦労様でした~~青梅にもお邪魔しに行きますよ!

平成24年2月9日(木)綜合木材市場1,250㎥。積雪があっても相場は上がらず。先行きは不気味な感じ。しっかりとした3mは強い模様。外材を徐々に減らしてもらうお願いがやはり必要!
スポンサーサイト

意見交換会

平成24年2月11日(土)岡山森林施業研究会意見交換会林野庁森林整備部計画課、課長、本郷浩二様をお招きし、意見交換会を津山綜合木材市場大会議室で行いました。森林組合、素材生産業者、市場、行政の方々25名が集まり、主に森林経営計画について意見を交換しました。まずは、45分と言う限られた時間の中でのわかり易い説明・・・流石!計画を作った人だけあって、わかり易かったですね。ズバ!ズバ!と本音勝負で心地良かったです。「予算が削られる中での、まさに、背水の陣。やるしかない!愚痴を言ってないで先に進みましょう!」これが、本郷氏のスタンスの様でした。(ほ~やるじゃないですか)と、言うのが私の印象。しかし、国産材の比率をもっと上げるのは可能では?頑張ります!頑張りましょう!かなり、熱い意見交換会でした。

意見交換会に先立ち、前田林業様にオーストリアの林業機械化展のリポートを発表していただきました。オーストリアは地形が似ていると言う事で、よく日本の林業と比較されます。(行って作業したこと無いのでわかりませんが・・・)タワーヤーダーを用いての架線集材もかなり行われているみたいです。車両系全盛の日本ですが、作業道が入らない場所が残るのは当たり前。今後は架線のお世話にもなりそうです。安価で、安全な作業が可能な機械が欲しいですね。

18時からは懇親会。参加者の皆さん、、山に対する思いが強く、遅くまで飲んで食って熱弁して!と・・・津山の夜は賑やかに更けてゆきました。東京にもいらっしゃい!と・・・お言葉に甘えて・・・四谷近辺にも少し飽きていましたから、霞ヶ関探訪です。レポートを待て!

林野庁の方のお話を直接聞く事で、この事業に対する思い、国産材に対する危機感が伝わってきました。やはり、文字だけでは思いは伝わりません!良い経験でした。今後もこの様な活動を続け、勉強したいと思います。研究員の皆様、ご苦労様でした!ご感想はいかがですか?すぐに反省会ですよ!

雨やら雪やら入札資格申請やら・・・

毎年この時期には、入札の資格申請の更新があったりで、書類提出に忙しくなります。現在の原木の価格を考えると、賛同してくださる民有林の施業だけでは事業量が足らなく、国や県の入札に頼ることになってしまいます。そして、事業の集約化・・・「森林経営計画」・・・さて、岡山の県北でも地域間の差はある様ですが、徐々に進んで来ているようです。
集約化施業への係り方、最新鋭の林業機械情報、資格取得等の情報交換の場として「岡山森林施業研究会」を数名で作っています。月に1~2回研究会を開いてきたわけですが、この度、研究員の紹介を受け、林野庁の方をお迎えし、意見交換会を開きます。質問や提案を直接話し合える機会なので、メンバー共々楽しみにしています。行政も、森林組合も素材生産業者も21世紀を生きる仲間として、共に前向きに進む事を期待しています。

地元には、伐期を迎えた「美作産材」が蓄積されています。日本全国、1,000万ヘクタールの蓄積・・・
少子高齢化を考えると、住宅は十分に自給できる様に思われます。
*林野庁の職員有志が木質都市の研究会立ち上げへ・・・木材と鉄筋コンクリートを組み合わせたハイブリッド工法、木質都市・・・良いじゃないですか!できれば無垢の国産材を使っていただき、加工技術を若い大工さんに継承させるシステム構築も一緒に考えてください。よろしくお願い致します。
プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。