スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国讃岐地方の山

この時期、よく話題に上るのが四国、早明浦ダムの貯水率。貯水率が低下する要因・・・雨が少ない、台風が来ない年に起こる・・・当たり前の事に加え、やはり地形でしょうか?四国はバイクでよくツーリングに行っていた所ですが、地形は、海、即!道路、即!山・・・その山々もかなり険しく雨が溜まる暇はありません。さらに山が荒れ、腐葉土の無い山が増えているなら、降雨、即!海!でしょうね。地元の山でも、広葉樹の山が減り、腐葉土のほとんど無い荒れた植林山ばかりです。雨が少ない時期には河川の水位が下がり水が汚れる・・・その水が海に注ぎ込めば当然海も汚れるでしょう。そして、ゲリラ豪雨の際には、水路を流れる様に豪流が下り災害を引き起こす・・・山・川・海・・・農林水産の協力が大切になりそうです。
ん?何を急に言い出したかって?実はこの写真・・・

今年も参加してまいりましたぁ!「MONSTER baSH 2012」よろしく!!山を撮ったつもりが、会場内も映ってしまったぜ~悪気は無いよ、ごめんなさいね!山のシワが多いし高い・・・まさに渓谷の集まりみたいな感じに思えます。この急な山林で切磋琢磨された架線の技術。やはり四国は凄い!昨夜の懇親会の8時間後にはここに居たのですが・・・架線系が再び台頭してきそうな気配がするこの業界・・・そう言えば、昨日のオーストリアの話もタワーヤーダが活躍してたな~今年の機械化展には、新しい機種がお目見えしそうです。車両系+架線系作業。これからのスタンダードになる気がします。

今年のモンバスも熱かった!若者の熱気、パワー・・・アーチストの誰かが言ってましたが、「月曜からは辛い仕事が始まる、わかってる、だからせめて今日は弾けて飛べ!」的な事を言ってました。が・・・仕事って辛いのかな?まあ・・・楽しくて仕方ない事は無いでしょうが。常に向上心を持ち、自分のスキルを上げる為に日々研鑽する心・・・そして、あのパワーを生かせば、日本の将来も捨てたもんじゃ~無いかも?と、思いながら、当社のスタッフにを与えているか?辛い仕事と思われていないか?と、思いを巡らす、パワーが少し衰えた50代のオッサンでありました。お疲れ様!



スポンサーサイト

岡山森林施業研究会

平成24年8月24日(金)美作木材青壮年経営者協議会の皆様方との意見交換会&懇親会に参加させて頂きました。当日は、津山綜合木材市場の社長様、製品、原木両部長様、山陽木材新聞社社長様、地元選出の衆議院議員様も参加してくださり、賑やかな意見交換会となりました。簡単な意見交換会の後、銘建工業様のオーストリアでの素材生産の様子の発表があり、当研究会の研究員との意見交換が活発に行われました。よく、引き合いに出されるオーストリアやドイツの林業・・・数字を簡単には比較できませんが、学ぶべき所は学ぶ、反省すべき所は反省する事。素直な目で研究してゆくべきでしょう。今回は、顔合わせ程度を考えていたのですが、まだまだ語り尽くせない感じで、次回にかなりの期待をしています。

場所を移しての懇親会も、かなりの盛り上がりを見せていました。

素材生産者と製材所・・・犬猿の仲と言われた間柄もよく考えれば同じ業界の仲間です。意見を戦わせ、懇親を重ねる事により仲間意識が強くなる事を期待します。戦う相手は世界!と、この度の研究会で教えられたのですが、取りあえずは建築の中での国産材の比率を上げること。私達に手伝える事があれば協力は惜しみません!さらに研究を重ね、施業地の集約化を推し進め、素材の安定供給を目指します。
共に頑張りましょう!

淡路徳島高松ぐる~~~とツアーその弐

「鳴門海峡+鳴門の渦潮」ここも念願の場所でして・・・ついでに行ってしまえ!時は大潮、見頃じゃないか~~と、移動です。おお~~凄いじゃないですか!大鳴門橋。あの下で渦巻いているのですね。

「渦の道」大鳴門橋橋桁空間に設置された海の上の遊歩道を、450m先の展望室まで太平洋、瀬戸内海の雄大な景色を見ながら散歩できます。ガラス床から見下ろす、45m下の鳴門海峡の激しい潮流は圧巻です。(パンフより)確かに、潮風が心地よく、眺めも良いです。

流石!連休中ですね、沢山の人で賑わっていました。どれどれ・・・潮流を・・・

おお!圧巻!ガラス越しの潮流。自然って凄いですよね。おい、3人も乗るなって!え?大丈夫だってぇ。

で・・・帰りは高松に移動「宇高国道フェリー」で弁当食いながら帰りました。最近、フェリー料金安いですね!特に日曜日はさらに割引。1時間の船旅も楽しめるし、旅行に行った気分になれます。バタバタ忙しく駆け回った一日ですが、日常を離れ、処を訪ねる事は楽しいです。特に普段、山に囲まれて暮らす私達には海は目新しく癒されます。え?渦潮?大潮だったのですが・・・自然が人間が思うように立ち回るわけ無いじゃないですか~~次回に期待!らしいですよ。お疲れ様♪

淡路徳島高松ぐるっとツアーその壱

残暑お見舞い申し上げます。暑い日が続きます。連休疲れと暑さでスタッフも参っていますが、なんとか元気で皆出勤してきています。ご苦労様です。
さて、連休中は事務仕事をしていたわけですが、一日、以前から考えていたツアーを強行してきました。まずは、「野島断層北淡震災記念公園」平成7年1月17日午前5時46分に発生した「阪神淡路大震災」は活断層である野島断層が動いた事により発生しました。M7.3、最大震度7を記録し、6,434名の尊い命が失われました。小倉地区では道路や畑の畦、生垣のズレなどの断層による様々な地形の変化が野島断層保存館として残されています。・・・やっと、行くことができました。

当時は10kmに亘って地表に現れていた断層も今は、この保存館内だけだそうです。

生垣も畦もズレてます。美作地方も震度4!かなり激しく揺れた事を記憶しています。

地震断層が横切る民家をメモリアルハウスとして残してあります。
地震発生は、長男が生まれて20日後。長女は1歳9ヶ月。オヤジがいつも語る地震当時のこと。神戸の親戚をクレーン付トラックで助けに行ったこと。この地震後、防災意識がさらに高まり、グッズを揃えてる事。少し納得してもらえた様ですが・・・災害は忘れた頃にやってくる・・・備えましょう!震災で亡くなられた方々のご冥福を祈ります。。。。つづく

元気です!

お久しぶりです。たまらなく忙しい日々を送っていまして、更新をサボってました。当社は、スタッフも私も限りなく元気です!
原木の相場は、相変わらず安値安定・・・ここ何回かの市では、桧の柱口がかなり高くなりましたが、昨日の市では元に戻っています。外材との戦い・・・と、言うよりは県産材を使った在来工法を伸ばす事。外材を使用している部材を県産材に変えて行く事。我々、素材生産業者は、集約化を推し進め、原木の安定供給に努めます!共に考えましょう。
研修とか試験とか忙しい中、今年もなんとか「みどりの研修生」の講師を勤めさせていただきましたが・・・
本当に私で良いのでしょうか?

と、言いながら・・・若い技術者を育てることは急務です!山林作業を一人で取り仕切れるのには10年近くの経験が必要です。仕事探し、人材、機械、資金、資格や書類の整備等、沢山の人材が協力しあって施業が成り立ちます。他の産業に比べ、かなりソフトな面で遅れて来た林業・・・しかし、最近の資格要件はかなり厳しくなってきています。逆を考えると、資格などが整備されつつある今の林業界は、他の業界に肩を並べる事ができるチャンスなのかも知れませんね。
プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。