スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業中

2677年2月17日。例年に無く、降雪・降雨が多く、作業が遅れぎみです。年度末と言う事で、書類が山積み…残業に付き合いながら、久々に業界誌をゆっくり読んでます。



なになに?「都会の木造・木質化に協力な援軍現る!」



人口が減少してゆく今後、一般新築住宅の減少も考えられます。なら、公共建築物の木質化を進めて行く事を考える…良いでしょう!記事には、「コンクリートジャングルの都市を木造・木質化しようというムーブメントが沸き起こっている」と、あります。巻き起こるムーブメントか…ドキドキしますね〰ちょっと、期待したいです。おっと!使用木材は国産材に限るですよ!



「縦ログ構法」ですか。杉の柱を実(さね)加工して接合して壁にするのですね?ナイスです!集成材やCLTの様に複雑な加工が無い分コストも下がり強度も損なわれない可能性があります。「芳賀沼製作」様。記憶が正しければ…私が20代の頃、ログ・ハウスに興味を持ちましてログ・スクールに通った事もありました。そんな頃、雑誌に掲載されていた数少ないログ・ビルダーだった様な気がします。もしそうなら、30年以上も試行錯誤を繰り返して歩んでいたのですね〰感動しました!流石です。
芳賀沼社長は「縦ログ構法は、木造軸組構法に近いオープンな構法なので、誰でも参加できる。基本となるログは10.5cmの柱角であり、小さな製材所でも手がけることができる。一般に流通している製材品を使うことも可能だ。したがって、地域の中小零細規模の製材所でも、縦ログ構法を軸に技術力を発揮しながら森林所有者や森林組合、大工、工務店と連携していけば新たな展開に踏み出せる」

これはイケるかもです!平屋にすれば、私の目指すサイコロ・ハウスになり、強度も抜群でしょう!
地域の木材を使いながら、大工と言う、技術の継承にも繋がるでしょう。
考えてみる価値ありですね。今夜は、得をしました。

林政ニュース様…勝手に記事を載せましたご免なさい!長期の講読者なので許してくだされ。

スポンサーサイト
プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。