森林施業プランナー研修

平成25年12月。森林施業プランナー個別指導。昨年に引き続き、PASCOさんによる2回目のGIS指導でした。

さて、ここでGISとは?

地理情報システム(Geographic Information System) は、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術。

当社では、GPS・GIS好きの私とGIS担当者2名の計3名で受講しました。



外国から入って来る木材に価格で戦い、安定した供給を続けて行くには、小規模な施業地を集約化して、計画的に材を搬出してゆく必要があると考えます。
そして、森林所有者に対して施業を提案することが森林施業プランナーの役目です。

プランナーには、GISを用い、図面計画を作り、施業を提案する技術が必要になります。

今回は、現場で取ったGPSデータのGISへの取り込み方法。
属性検索・空間検索、林道バッファ等についての初歩を習いました。
数年前に、東京で研修を受けた私ですが…忘れてますね~
復習になりました!
ありがとう御座いました。



レンタルしたHITACHI EX55。ヤマテック仕様。
アクリル板を使用した防護柵は、当社の機械にも装着予定。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR