CLT協議会

平成27年5月25日(月)
「岡山県CLTラミナ安定供給協議会」に出席しました。



ロードマップによりますと…
現状は、強度データ収集中、耐火性能実験中で、28年度以降に活用ですかね?
しかし、ヨーロッパではかなりの生産量を生み出していて、アメリカでは建設用材として道路に使用されていると聞きます。
国産の針葉樹(特に植林)を使用し続けてもらえるなら大歓迎ですね!木材価格はすでに国際競争である…と、言われていますが、国産材は、ほとんどが合法木材です。安心して使える木材なのです。FM・CoC認証に基づく認証材では?と、考えていますが、間違っていればご指摘下さいませ。
山元にお金が落ちる価格でお買い上げ下されば、有り難く思います。

平成27年5月28日(木)
岡山県木材組合連合会 第36回通常総会。



総会は進み、全ての議案について承認を受けました。
木材組合は、当然ながら流通、製材、建築の色が濃く、川中、川下を担っています。
「人工林資源は年々充実し、年間成長量は木材需要量の2倍」と聞きます。その充実した山から我々素材生産業者が丸太を搬出しても、需要が無ければ余る事になります。

前述のCLTの様な新しい使い方の模索も大切だと思います。
と、同時に国産材を生かした建築の灯を消さない事が日本の山林を守り、地域の治山治水になる事を皆様、思い出して下さい。



曲がったパイプを伸すと折れる可能性があります。
若いスタッフの勉強になりました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR