スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本年最終市況速報!

平成22年12月24日。津山綜合木材市場普通市2,100㎥。普通市にしてはしっかりとした出材量でした。相場も9日の好相場をほぼ維持。強めの気配を残したまま新年を迎えます。京都議定書森林吸収目標(1,300万炭素トン・・・だからどれくらいかって?)の達成を図る為には、平成19~24年の6年間において、毎年20万haの追加整備が必要。と、言うお約束を守る為に切捨て間伐を続けます。カウントを稼ぐ為に50年生を超える木まで切り捨てていると聞きます。国産材自給率50%を目指す!と、言いながらどうなんでしょうか?出せる場所の木は出しましょう!流通が止まってしまいます。

12月22日(水)津山綜合木材市場会議室で、行政を交え「津山・勝英地区森林組合・木材組合懇談会」が開かれまして、出席して参りました。森林組合と木材組合・・・昔からかなりのライバルで、このような懇談会は初めての事です。日本国が推し進める間伐事業について話し合う必要がある、と言うことで実現しました。お互いの置かれている立場をよく理解し合い、ライバルではありますが、協力するところでは協力し、切磋琢磨しながら外圧と戦う!と、言うことでしょうかね?先日の「統括現場管理責任者研修」の事も少し発表させていただき、国の指針に従い、協力して事業を推し進める事の大切さを述べて参りました。が・・・上手く伝わったでしょうか?しかし、「ここで終わりにするのではなく、定期的に話し合おう!」と、言うのが皆の思いの様です。始めの第一歩になった事は間違いありません!!

一日、アイヨン叩いたら歯が痛くなりました・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。