チョッと一息

年度末からバタバタと忙しく、チョッと一息入れる土曜日です。
原木の価格は、相変わらず底値安定・・・欠点材はかなり安価で取引されています。「九州地区で出荷抑制に向けた対応も・・」なるほど・・・・地元の底値安定も、出荷量が少ないからでしょう。梅雨が終わり、出荷が増加し出した時、この相場は維持されるのでしょうか。少しでも相場の上昇を期待します。
昨年(平成23年)の国産材素材供給量(=需要量)が前年比6.4%増の1,829万m3に伸びた。これに対し、外材の供給量は同3.8%減の628万m3に縮小。この結果、素材需給における国産材率は前年より1.9ポイントアップの74.4%に上昇した。農林水産省が5月10日に公表した「平成23年木材統計」で明らかになった。なお、昨年の素材全体の需給量は、前年比3.6%増の84万6,000m3に増えた。
と、ありますが・・・確かに、74.4パーセントは喜ぶべきなのでしょう。しかし、原木の相場に影響を及ぼしてない現在!数字には何の意味も無くも思えます。

先人達が残してくれた日本唯一の資源が、約1,000万ヘクタールの植林地です。昼夜を問わず成長し続ける木の有効利用を考えないともったいないじゃないですか。家も木材を使う場所全て、国産材でお願い致します。ついでに言わせていただければ、日本国は衣食住・・・全て自給できると思います。輸出産業も大事でしょうが、テレビも車も足りれば飽和状態になります。農林漁業、まだやる気のある者が居るうちに若者を育てましょう!目指せ!全ての産業での自給率100%。国防、防災・・・大切に思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR