研修旅行

平成22年3月22~23日と、津山素材生産協同組合の研修旅行に参加いたしました。行き先は、島根県。22日(月)春分の日振り替え休日、天候晴。組合を8:30出発、中国道三次IC経由R54を北上、赤来高原布掛で昼食をとり、三瓶小豆原埋没林公園を見学しました。
1983年に水田の整備工事の際に地中に直立する巨木が出現しました。世界で唯一!古代の森が現存されている「三瓶小豆原埋没林」の目覚めです。埋没年代は、3,500~3,700年前。最大年輪数636本のスギを含め30本の立木が発見されました。年輪数は屋久杉等に比べ少ないですが、約3,500年前の森を、長さ23mの鋼管で囲み、直径30mの円筒状をくり貫き再現した技術・努力に感動いたしました。推定樹高50mのスギや雑木に囲まれた太古の森・・・その森の中で縄文時代の人たちはどの様に生きていたのでしょうか?妄想が膨らみます。

昨年、林業機械化展で訪れた「雲仙普賢岳」で火砕流・土石流の凄まじさを感じましたが、ここ三瓶ではその火砕流・土石流が約3,500年前の森を残したのです。ご説明くださった公園管理者の皆様方、ありがとうございました。

と、言う行程で一日目は無事終了いたしました。つづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR