スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業中

2677年2月17日。例年に無く、降雪・降雨が多く、作業が遅れぎみです。年度末と言う事で、書類が山積み…残業に付き合いながら、久々に業界誌をゆっくり読んでます。



なになに?「都会の木造・木質化に協力な援軍現る!」



人口が減少してゆく今後、一般新築住宅の減少も考えられます。なら、公共建築物の木質化を進めて行く事を考える…良いでしょう!記事には、「コンクリートジャングルの都市を木造・木質化しようというムーブメントが沸き起こっている」と、あります。巻き起こるムーブメントか…ドキドキしますね〰ちょっと、期待したいです。おっと!使用木材は国産材に限るですよ!



「縦ログ構法」ですか。杉の柱を実(さね)加工して接合して壁にするのですね?ナイスです!集成材やCLTの様に複雑な加工が無い分コストも下がり強度も損なわれない可能性があります。「芳賀沼製作」様。記憶が正しければ…私が20代の頃、ログ・ハウスに興味を持ちましてログ・スクールに通った事もありました。そんな頃、雑誌に掲載されていた数少ないログ・ビルダーだった様な気がします。もしそうなら、30年以上も試行錯誤を繰り返して歩んでいたのですね〰感動しました!流石です。
芳賀沼社長は「縦ログ構法は、木造軸組構法に近いオープンな構法なので、誰でも参加できる。基本となるログは10.5cmの柱角であり、小さな製材所でも手がけることができる。一般に流通している製材品を使うことも可能だ。したがって、地域の中小零細規模の製材所でも、縦ログ構法を軸に技術力を発揮しながら森林所有者や森林組合、大工、工務店と連携していけば新たな展開に踏み出せる」

これはイケるかもです!平屋にすれば、私の目指すサイコロ・ハウスになり、強度も抜群でしょう!
地域の木材を使いながら、大工と言う、技術の継承にも繋がるでしょう。
考えてみる価値ありですね。今夜は、得をしました。

林政ニュース様…勝手に記事を載せましたご免なさい!長期の講読者なので許してくだされ。

意見交換会

2677年1月30日(月)雪混じり雨。津山綜合木材市場大会議室で、恒例!美作木青&岡山施業研究会と林野庁との意見交換会を行いました。今回のゲストは、通算3回目のご訪問、林野庁国有林野部 部長 本郷浩二様と近畿中国森林管理局の方々です。



迎える我等25名は、素材生産、流通、製材、建築の強者ばかり!物静かな物言いの中にも国産材を愛する激しい思いがこもってました。が〰対応する本郷氏も林野の異端児!ぶっちゃけトークで負けてはいません。
そそ!我々は21世紀の仲間です。ケンカではありません。意見をぶつけ合い外国と闘う同士なのです。

熱心な意見交換会は、第3ラウンドまで続きましたとさ🎵

また、お会いしましょう!

新年宴会

2677年1月28日(土)旧正月。
津山・勝英木材組合新年宴会が津山鶴山ホテルで行われました。
一昨年前までは、盛大な新年互例会を行っていたのですが、諸事情が諸々ありまして、こんな次第で御座います。

が、綜合木材市場木下社長の公演があったり…



木材業界アーティストの方々のサプライズ出演があったり…



キャンディーズ5人組の出演があったりで、終始和やかな雰囲気で歓談が進みました。



そして、今回のお役目は閉会の挨拶係でした。小型バイオマス発電所を中心としたコンパクトシティー構想の触りを少し述べ三本締めで閉会!ありがとう御座いました。式典が無いのも良いかな?来年も、こんな感じが良いですわ❗



写真小さいな〰

市況報告

2677年1月12日津山綜合木材市場初市1550m3。かなりの出材であった。杉・桧共に安め!とても新年を迎えた初市とは思えない相場。出材動向をみての安値と思われる。



商売なのはわかりますが、安過ぎます。山元にお金が落ちない施業はいつかは行き詰まります。やはり、流れをスムーズにするシステムの構築を考える必要があります。



1月15日。イオン津山で行われた「美作木の家設計コンテスト」
そそ、こう言う事なんですよね!他力本願で無く、自分達でプレゼンして木の家の良さをアピールして行く事。努力を惜しまない事が大事です。



ユーザーに分かりやすく説明する事。見える化ですね!私も勉強になりました。



特に山の仕事は、一般から見ればわかりにくい仕事です。集約化のメリットを説明する際には、まず作業内容を知ってもらう必要があります。自己所有山林の見える化と境界の見える化…今年も、作業の安全と共に当社は目指します❗



1月17日ここらでは、かなりの積雪。まあ、冬だから当たり前の事ですが、作業が遅れます。
そして、阪神大震災から22年…犠牲者の皆様の御冥福を祈ります。地震・火災に強い木の家造りをしましょう。

森林環境税

新聞から…



出た❗納税者虐めか!?
関係者として、森林保全に目を向けてもらう事は有り難い事です。が…これ以上の国民負担はちょっとね〰それより、他に方法は無いのか?例えば現在の造林補助金の無駄使いは無いのか?木造建築は全て国産材を使わなければならない法律は作れないのか?
まずは、使い道をよく精査しないと、国民の理解は得れないでしょう!



春日大社「社殿の大杉」
初詣に行っていない貴方!私が代わりによく詣っておきましたので写真を拝んでおいて下さい。
プロフィール

板坂林業

Author:板坂林業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。